ファンヴォイスのサービスを実際に導入するまでの流れについて

ファンヴォイスのサービスを実際に導入するまでの流れについて

MENU

ファンヴォイスのサービスを実際に導入するまでの流れについて

 

 

ファンヴォイスのサービスについて色々とご説明させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか?

 

ただ、サービスのメリットを感じて実際に「うちの会社でこのサービスを導入したい」と思って頂いたからと言って、明日からすぐにサービスをスタートできるというわけではないんですね。

 

当然ですが、クライアント様の商材について何も知らなければ、上手くいくものも上手くいかないんですね。ある程度の準備が必要になりますので、2週間くらいのお時間を頂いております。

 

テレマーケティングを成功させるためにはクライアント様とのコミュニケーションが重要です。

 

どうしてかと言うと、クライアント様の企業名でテレマーケティングをする事になりますので、お互いの認識にズレがあるとクレームの原因になってしまうんですね。

 

そうならないためにもしっかりとしたコミュニケーションを取る事というのが必要不可欠で、同じ目標に向かってスタートを切っていかなければならないんですね。

 

サービスを開始させるためには大きく4つのステップを踏んでいきますが、ここではサービスの導入から稼働するまでの全体的な流れについて簡単にご説明させて頂きます。

 

 

クライアント様とお打ち合わせをする!

 

まず第一にクライアント様とのお打ち合わせをさせて頂きます。

 

内容としては、商材のご確認をさせて頂いたり、御社の現状をヒアリングさせて頂いたり、対象となるターゲットの選定をしたり、目標値の設定などもさせて頂きます。

 

この打ち合わせというのは、御社にとって問題点は何かという事をきちんとハッキリさせて、それを改善するための最善策を考え出して対応するためのものになるんですね。

 

対象となるターゲットについても明確なものにして、目標を設ける事でゴールへの道筋を立てます。

 

 

打ち合わせでの決定事項の詳細について確認作業をする!

 

次に詳細確認ですが、打ち合わせでの決定事項の詳細について確認作業になります。

 

弊社の方でお客様との会話と想定してトークスクリプトを作成致します。

 

このトークスクリプトは非常にこのミッションには重要な役割を致しますので、より良いものを作成する事で成功に近づくと思います。トークスクリプトの内容の確認作業をします。

 

オペレーターについてですが、経験豊富な人員が揃っておりますが、それぞれに得意不得意もありますので、弊社の方でクライアント様の商材に合うオペレーターを選定して配置致します。

 

このオペレーターの人員とその配置についても確認作業を行います。

 

報告物の確認をする事で、実際にお客様に対してテレマーケティングをする際に吸い上げる情報の項目や情報量も変わってきますので、しっかりと刷り合わせする必要があります。

 

クライアント様にとって何の足しにもならない情報を手に入れたとしても、その後の使い道もないですし、そのエネルギーももったいないと思います。

 

弊社とクライアント様の間で報告物などをきちんと刷り合わせる事によって、そのような事態を防ぐ事ができて無駄が無いデータ収集もできるんですね。

 

トークスクリプトのご確認・オペレーターの選定・報告物などの刷り合わせが終わりましたら、実際にテレマーケティングをやるオペレーターに研修作業などを行います。

 

オペレーターに商材についての知識を深めたり、プロジェクトの目的を落とし込んだり、報告物のチェックしたりなどテレマーケティングを円滑に進めるための準備をします。

 

 

クライアント様からリストご支給して頂き、リスト作成する!

 

次はクライアント様から実際に使うリストを支給して頂いて、弊社の方で支給して頂いたリストをカスタマイズして、テレマーケティングアプローチができるリストを作成させて頂きます。

 

リスクを作成しなければ、効率良くテレマーケティングを行なう事ができません。

 

そして、明らかにターゲットから外れるようなものは、仮にテレマーケティングをアプローチしても全く意味がありませんので、予め外しておく事も重要な作業なんですね。

 

リストにはオペレーターが情報を記入しやすくしたり、報告物で刷り合わせした内容を項目として作成しておくなど、効率を高めるための工夫を色々としております。

 

 

テレマーケティングを稼働スタートする!

 

リストが完成すれば、遂にテレマーケティングの稼働スタートになります。

 

クライアント様の商材によってゴールが変わってきますが、商品の購入・アポイントの獲得・来場促進など商材のそれぞれのゴールに向かって全身全霊で目標を達成していきます。

 

1日稼働した後に、お打ち合わせで刷り合わせた報告物をデイリーで報告致します。

 

そして、もっとこうした方が良いとか、ああすれば良かったなどの改善点を次の稼働に繋げる事ができますので、サービス期間中は常に結果を残せるようなテレマーケティングを実践していきます。

 

以上が弊社のサービスの導入から稼働までのおおまかな流れになります。導入から稼働までは最短で2週間でスタートできます。クライアント様のスケジュールに合わせてスピーディーに対応する事ができます。そして、ページの下にも掲載されておりますが、弊社のサービスを初めてご利用の方にはキャンペーンも実施しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

ファンヴォイスのサービスを導入する時の料金

 

ファンヴォイスのサービスを利用した際に実際にかかる料金について解説していきます。

 

下記は参考価格になりますが、基本的にリストの数によって価格が決定致します。

 

300円/1データが最も基本的な価格になります。初期費用は100,000円になります。費用の内訳としては、稼働人件費・通信費・データ入力代行費・マーケティングレポート作成費になります。

 

毎日デイリーのご報告物があり、数値進捗表・成果物データ・稼働所感などをお送りしております。

 

稼働終了時のご納品物としては、架電結果入力後リストデータ・マーケティングレポートなどをお送りしており、多くのクライアント様からお喜びの声を頂いております。

 

ただ、クライアント様の現在の状況や保有するリスト数・ご提供するサービス内容などで変更する場合がありますので、もし価格の詳細が知りたい場合はお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

【参考価格】

稼働体系 データ数 必要日数 単価 合計
リスト単価 300 5日 300円/1データ 90,000円

初期費用 100,000円 → 今なら初期費用50%OFF!
費用内容:稼働人件費・通信費・データ入力代行費・マーケティングレポート作成費全て込み。

【デイリー】ご報告物:数値進捗表・成果物データ・稼働所感
【稼働終了時】ご納品物:架電結果入力後リストデータ・マーケティングレポート




お電話でのお問い合わせは 0120-940-705